お寺

京都 哲学の道を歩いて銀閣寺へ

哲学の道

哲学の道を歩く

[ 新島襄と八重のお墓 ]を出た後は、
哲学の道を歩いて銀閣寺へ向かいました。

哲学の道
京都らしい風情のある景色を眺めながらゆっくり散歩するというのも贅沢な時間だと思います。

時間もゆっくり感じられるので、ぜひおすすめしたい観光スポットです。

それに、
銀閣寺までの間には、
大豊神社(おおとよじんじゃ)、安楽寺(あんらくじ)、法然院(ほうねんいん)などもあります。

今回は、途中で足を止めてそちらにお参りしながら向かいました。

まずは、大豊神社です。
大豊神社
こちらの神社のご祭神は、少彦名命(すくなひこなのみこと)菅原道真公応神天皇です。
少彦名命の別名は、商売繁盛の神「恵比寿様」です。

こちらは、大豊神社の境内にある末社「大国社」です。
大豊神社 大国社

大国社には、大国主命(おおくにぬしのみこと) が祀られていて、縁結びにご利益のある神社です。
社の前には、狛犬ではなく、狛ねずみ様がいらっしゃいます。

次は、崇福山 安楽寺です。
曹洞宗 崇福山 安楽寺

そして、法然院です。
浄土宗の山寺 法然院

法然院の階段
※山門です

京都法然院の境内

で、銀閣寺へ到着です!!

慈照寺銀閣寺 入り口

写真は人の少ないタイミングを見計らって撮っていますが、
やはり銀閣寺は有名なお寺だけあって、途中立ち寄ったお寺や神社と比べると観光客もどっと増えました。

哲学の道は穴場という程のマイナースポットではないですが、
人でごった返している訳でもないので、
銀閣寺に行かれる方は哲学の道から歩いてゆっくり向かわれるのもいいと思います。

ABOUT ME
ダッチ
1980年生まれ。 出身:兵庫県丹波市。 趣味:カメラ、神社巡り、アニメ 大学卒業後、2年間、SEとして活動後、株式会社ディープに入社。 現在は、プログラマーとして働いています。