京都旅行

【京都】織田信長をお祭りする「建勲神社(けんくんじんじゃ)」へ

建勲神社 神門(祝詞舎)

京都 建勲神社(けんくんじんじゃ)へ

今宮神社を出た後は北の天満宮に向かっていたのですが、その途中に発見した建勲神社にも立ち寄ってみました。
京都建勲神社

一般的には「けんくんじんじゃ」と呼ばれていますが、正式には「たけいさおじんじゃ」と読むらしいです。
こちらは、ご祭神として織田信長公をお祀りされている神社で、小高い山の上に登ったところにあります。

1869年に明治天皇により創建された由緒ある神社で、本殿は国の登録有形文化財にも登録されています。

入り口の鳥居はこちらです。
建勲神社の鳥居

こちらは、中腹にある末社「義照稲荷神社」です。
義照稲荷神社
末社「義照稲荷神社」
宇迦御霊大神(うかのみたまのおおかみ)国床立大神(くにとこたちのおおかみ)猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)の三柱をお祀りされています。

ここからさらに階段を上っていくと境内に到着します。
京都建勲神社
段数が多いので、到着した頃にはへとへとになっていました。
が、参拝はこれからです。

こちらが建勲神社の拝殿です。

本殿は、この拝殿の奥にあります。
神門(祝詞舎)
こちらは神門(祝詞舎)になります。
ここから先には進めませんが、本殿はこの奥にあります。

こちらは拝殿の前にある子供太鼓です。
子供太鼓
せっかくなんで、子供太鼓も叩いてください!!
年の数だけ太鼓を叩いてお参りするそうです。

それにしても、そこそこ急な階段を上らないといけないのでかなり疲れました。
が、上まで行くと眺めも良く、人も少ないので落ち着いて参拝できました。

こちらが建勲神社からの眺めです。
京都建勲神社 境内

観光客少なくてゆっくりとできる穴場の神社でした。
このあとは、学問の神様「菅原道真公」をお祀りする「北野天満宮」へ向かいました。

ABOUT ME
ダッチ
1980年生まれ。 出身:兵庫県丹波市。 趣味:カメラ、神社巡り、アニメ 大学卒業後、2年間、SEとして活動後、株式会社ディープに入社。 現在は、プログラマーとして働いています。