京都旅行

京都 福知山城

京都 福知山城

福知山城へ

ゴールデンウィークに京都 福知山の「福知山城」に行ってきました。

福知山城とは

福知山城は、明智光秀が丹波国を平定後に築いたお城です。

もちろん、現在建っているお城は復元されたもので、お城の中は資料館になっています。
また、天守閣から見渡す福知山の街並みも見所の一つです。

こじんまりとはしていますが、
春は桜とのコラボレーションがきれいですし、
秋は紅葉がきれいで、
冬は雪化粧した外観がすごくきれいです。
夏は夏で青々とした周辺の木々とのコントラストがきれいで、一年中、風情があって楽しめるお城です。

夕方閉館の1時間くらい前に行くと人も少ないですし、一番風情のあるので、
個人的にはおすすめの時間です。

全国的には、
お城好き以外にはあまり知られていないですが、
趣もあり、隠れた名城だと思っています。

【アクセス】
近隣の方であれば車が便利ですが、遠方からの観光であれば福知山駅から徒歩20分くらいです。

歩くのがしんどい方は、駅からタクシーかバスで近くまで移動してください。

バスであれば福知山城公園前というバス停下車で数分くらいだったと思いますが、
詳しくは駅の観光案内所などで聞いてください。

春日局

記事の内容からは少しそれますが、、
大奥で有名な「春日局(徳川家光の乳母)」は、
福知山市の隣「丹波市」にある「春日町」という街の出身です。

お父さんは明智光秀の重臣「斎藤利三」という人物で、
光秀から春日町にある「黒井城」を与えられて城主になっていますが、
「本能寺の変」の後に罪人として処刑されています。

丹波という田舎の出身で、
しかも罪人の子という立場で、
春日局がどのように出世していったのか?
この辺のつながりは興味深いので、
歴史好きの方は一度調べてみると面白いと思います。

ABOUT ME
ダッチ
ダッチ
1980年生まれ。 出身:兵庫県丹波市。 趣味:カメラ、神社巡り、アニメ 大学卒業後、2年間、SEとして活動後、株式会社ディープに入社。 現在は、プログラマーとして働いています。